iPadのアクティベーションロックを解除できなくて買い替えた話

Appleアカウントの設定は定期的に見直してますか?

パソコンに詳しい方なら「当たり前だろ」という言葉が返ってきそうですが、ご家族やご両親のAppleアカウントは大丈夫ですか?

うちの両親がiPadを購入したときに設定をサポートしてあげたのですが、それっきり放置してました。その後問題なく7年が経過していました。

先日iPadをが突然アクティベーションロックの状態になってしまい、最終的にはiPadを買い替えるという自体になりました。

iPadが突然アクティベーションロック状態に

iPad買い替え事件は夏休みの帰省中に発生しました。

子どもがばあちゃん(僕の母親)のiPadを使ってゲームをしていたときのことです。

突然、画面にアクティベーションロックの文字と「このiPadは現在Apple IDにリンクされています。このiPadを設定するためには使用したApple ID ○○○@icloud.comとパスワードでサインインしてください」とのメッセージが表示されました。

子どもから詳しく話を聞いたところ、ゲームで遊んでいる最中にパスワードの入力を求めるような画面が何度も出たみたいで、邪魔だったから適当に画面をタップしていたそうです。

子どものやることなので仕方ないとはいえ、「おいおいおい、それ原因ちゃうん?」と言いそうになりましたが飲み込んで、アクティベーションロックの作業に取りかかることにしました。

アクティベーションロックの解除は簡単です。Apple IDとパスワードを入力してあげるだけでOKです。

OKだったはずなのですが、別の問題が発生して迷宮に入り込んでしまいました。

なんとAppleアカウントがロックされていたのです。

悲劇は重なる、Appleアカウントまでロックされていた

Apple IDとパスワードを入力したところ、「Apple IDは使用が停止されています」のメッセージが出現したのです。

おいおいおい、アカウントまでロックされてるじゃん。がびーん。

そういえば、パスワード入力するような画面が何度も出たとか言ってたから、そのせいかな?とりあえず、アカウントロックの解除が必要なのね。

手元にあったiPhoneからAppleのアカウント管理にアクセスしてロックを解除することにしました。

参考 Apple IDを管理Apple

アカウント管理にログインしてみると「アカウントロックを解除する」というボタンから解除の手続きを進められます。

解除の手続きでは本人確認のために「生年月日」の入力を求められました。母親の生年月日を入力したのですが、入力した値が間違っているのか、エラーが表示され受け付けてくれません。なんてこったい。

入力間違いかと思い、何度か入力したのですが駄目。間違えすぎたせいで制限がもう一段階厳しくなってしまい、8時間以上経たないと解除の申請ができなくなる事態に。

8時間後…

リベンジとばかりに家族全員の生年月日を入力したのすが玉砕。さらに8時間の制裁と、にっちもさっちもいかない状態に陥ってしまったので、神様、仏様、Appleサポート様、ということでAppleサポートに問い合わせすることにしました。

Appleサポートにアクティベーションロックの解除を問い合せました

Appleサポートには、これまで何度もお世話になってきました。困ったときには本当に頼りになります。AppleサポートはApple製品の魅力の一つです。

参考 Apple サポートApple

サポートの内容を簡単にまとめると以下のような内容でした。

アクティベーションロックの状態では初期化もできない

アクティベーションロックを解除するには、やはりAppleアカウントで1度ログインする必要があって、アクティベーションロックされているときは、iPadの初期化もできない状態になっているそうです。

アクティベーションロックを解除しなければいけないのですが、肝心のAppleアカウントが停止されているので、まずはアカウントロックの解除が先とのことでした。

アカウントロックの解除には、秘密の質問にすべて答えなければならない

Appleサポートの話では、「生年月日」の入力を突破したとしても3つのセキュリティの質問、通称「秘密の質問」にすべて答えなければならないそうです。答えは、カタカナ、ひらがな、漢字の全てが一致しないといけないとのことでした。

秘密の質問に関する部分は、個人情報に関わるため回答するのは本人に限定されます。そのため一旦、ここで母親に電話を替わりました。

秘密の質問に何度か試したのですが、残念ながらアカウントロックの解除はできませんでした。アカウントロックの解除は諦めました。

ちなみにAppleも秘密の質問の回答は知りません。ユーザーが口頭で伝えた内容をパソコンに打ち込むだけだそうです。

秘密の質問の回答が適当に入力されている?

生年月日が一致しないことから、生年月日も含めて秘密の質問の答えも適当に入力されている可能性が高いと判断しました。

「秘密のの質問」の答えは仲の良い知人なら答えられます。仲の良い友人の「初めて乗った車」「はじめて飛行機に乗った場所」なんて答えられるのではないでしょうか?

そういった状況を危惧して、秘密の質問の答えを適当に入力する方も多いそうです。実際にそういったお客さんから、アカウントロックが解除できないという問い合わせがあると言ってました。

うちの母親の場合は、今となってはどうなのなかは闇の中です。

なんとかして初期化はできないの?

アクティベーションロックの状態でiPadを初期化する方法が一つだけありました。

それはiPadを購入したときの領収書やレシートのコピーをAppleに提出することです。つまり自分が持ち主であることを証明する必要があるのです。

自分のiPadなのに初期化も自由にできないなんて、ちょっと厳しいのではないかと思う部分もありますが、万が一、iPadを紛失してしまったときのことを考えると「データを第三者に容易に見せないぞ!」という方針は致し方ないです。

近所の家電量販店で購入したので、レシートを探すしかありません。タンスや引き出しの中をひっくり返してレシートを探しましたが見つかりませんでした。購入したのが7年以上前でサポートも切れているので仕方ないですね。

Apple Storeで購入していれば購入履歴が残っているはずなんですがね。こういった状況になってみると、Apple製品は基本的に定価での購入になるので、それなら家電量販店ではなくAppleで購入しておいたほうが保険なります。

結局、アカウントロックに引き続き、アクティベーションロックの解除も泣く泣く諦めました。この時点で、母のiPadはただの文鎮なったとさ。

補足:パソコン初心者でも大丈夫!

Appleサポートについて少しだけ伝えたいことがあります。

問い合わせは僕がしたのですが、個人情報に関連する部分があったので途中で電話を母に替わりました。

日頃、コンピューターにおそるおそる触れている母が、終始笑顔でAppleサポートのお兄さんと話してました。これって当たり前のように思えますが緊張せずに笑顔で話せる雰囲気を作れるのは凄いことです。

困っているときは不安がらずにAppleサポートを利用してくださいね。

結局、iPadを買い替えました!

今回の件、母は「仕方ないね。iPadは古かったからいいよ。今後はスマホを使うから大丈夫」とか言ってくれましたが、悲しそうな顔をしていました。

そんな状況の中、「文鎮になったとさ」で終わるわけに行かず、iPad mini2を購入しました。Appleストアにお手頃価格の整備済製品がちょうど良いタイミングで並んでいてラッキーでした。

下の写真を見てもらうとわかるのですが、整備済製品は「Apple Certified Refurbished」と箱に記載されているんですね。Appleがしっかり整備したモノなので、初期不良の心配は限りなく0に近いので、考えようによっては新品以上の品質です。

iPad mini2 は、7年前に発売されたiPad2 と比べると、当たり前ですがサクサク動きますし、テレビ電話の画質が格段に良くなりました。

新しいiPadに両親は喜んでくれました。アクティベーションロックの事件は良い機会だったのかな。

Appleアカウント設定を見直しましょう

Appleアカウントに限った話ではありませんが、日頃から定期的にアカウントの設定は見直すべきだと、今回の事件を通して痛感しました。

秘密の質問の答えは「漢字で書いたかな?」「全部カタカナだったかも??」と言ったように、設定したときの気分にも左右されます。そんな状態なので、1年前に設定した答えでもうろ覚えになってしまいます。

せめて半年に1度くらいのペースで再設定していきたいです。

この機会にAppleアカウントを見直してはどうでしょうか?

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください