撮影後にボケ位置を変更できるiPhoneアプリ「Focos」

Focosでのボケ位置調整

この写真の背景、ボケてたら良かったのに…

iPhoneで撮影するときは、気軽にパシャパシャ撮影するので、後から「もっとこうしたら良かったのに」ということが多いです。

そういった願いを叶えてくれるiPhoneアプリがありました。「Focos」というアプリを使えば撮影後にボケ位置を簡単に調整できます。

実際にこのアプリを使ってボケを調整した写真と一緒に、その斬新な機能を紹介します。

iPhoneアプリ「Focos」

この記事で紹介するアプリは「Focos」というiPhoneアプリです。

基本無料となっていて、撮影後に背景ボケにしたり前ボケにしたりとボケの位置を調整する機能は、課金無しで利用可能です。高度な機能はアプリ内課金の形式になっています。課金部分の一部の機能は後述します。

Focos

Focos
開発元:Xiaodong Wang
無料
posted with アプリーチ

ボケの位置(ピントの位置)の調整は、「Focos」で撮影した写真はもちろんできますが、iPhone標準アプリのポートレートモードで撮影した写真であれば、アプリをインストールする前に撮影した写真の編集もできます。

使い方は簡単です。アプリから写真を開いて、ピントを合わせたい場所にタッチするだけです。ピントから外れた場所が「あら不思議」一瞬でボケます。

写真にボケができる原理は下記で解説しています。

被写界深度の解説図 デジタル一眼レフでピントが合わない理由

写真をタッチするだけでボケ位置を変更できるアプリ「Focos」の実力

実際に写真を見ないと信じられないと思いますので、ここでは僕の撮影した写真で「Focos」の実力を披露したいと思います。

下の写真は「Focos」で撮影した写真です。手前のモグラ夫さんにピントをあわせてあります。そのため背景をぼかした感じになっていて、後ろにいるモグラ子さんの顔がボケてるのが分かると思います。

Focosでのボケ位置調整

Processed with Focos (6mm, f/2.4, 1/40 sec, ISO125)

「Focos」でモグラ子さんの顔にピントをあてると、あら不思議、モグラ夫さんが一瞬でボケました。けど、なんだか汚い不自然なボケですね…。意外とコツがいるかも。

Focosでのボケ位置調整

Processed with Focos (6mm, f/2.4, 1/40 sec, ISO125)

気を取り直して、以前、iPhone標準カメラのポートレートモードを紹介したときに撮影した写真をぼかしてみたいと思います。

手前のダンボーにピントあわせた写真です。背景にあるプーさんがボケています。

Focosでのボケ位置調整

Processed with Focos (6mm, f/2.4, 1/71 sec, ISO250)

後ろのぷーさんをタッチしてピントをあわせると、今度は一転してダンボーの顔がボケました。いわゆる前ボケ写真です。

Focosでのボケ位置調整

Processed with Focos (6mm, f/2.4, 1/71 sec, ISO250)

次は、秋の花「野芥子(のげし)」の写真です。手前の花にピントがあたっています。そのため背景にある手袋がボケた感じになっています。

Focosでのボケ位置調整

Processed with Focos (6mm, f/2.4, 1/1412 sec, ISO16)

手袋部分をタッチすると白色の花「野芥子」がボケて、背景にある手袋にピントがあたりました。

Focosでのボケ位置調整

Processed with Focos (6mm, f/2.4, 1/1412 sec, ISO16)

最後の写真はピンク色に咲く関東嫁菜(かんとうよめな)。写真右下にある花にピントをあわせてあるので、奥にある花はボケています。

Focosでのボケ位置調整

Processed with Focos (6mm, f/2.4, 1/2404 sec, ISO16)

中央中程の上にある花をタッチした途端、周辺の花にピントがあたって、先ほどピントのあたっていた右下の花が一瞬でボケました。

Focosでのボケ位置調整

Processed with Focos (6mm, f/2.4, 1/2404 sec, ISO16)

このアプリの面白い点は、ポートレートモードで撮影した写真であれば後からでもぼかせることです。これって冒頭でお話しした「この写真、背景がボケてたら良かったのに…」という願いを叶えてくれる機能なのです。

デュアルレンズカメラで撮影した写真が必要

後からボケの位置を変更できる面白いカメラなのですが、ボケの位置を変更する機能は使える機種が限定されます。残念ですが仕方ありません。

上図の通りで、現時点(2018/02/20)では3機種のみです。

  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X

これらの機種の共通点はデュアルレンズカメラ(背面にカメラが2つ)を搭載したiPhoneとなります。

この2つのレンズで何ができるのか?というと、2つのレンズの位相差を使って写真にボケを表現します。iPhoneの標準カメラのポートレートモードがまさしくそうです。

iPhoneのポートレートモードの写真サンプルは下記でご覧いただけます。

iPhoneXのポートレートモード iPhoneXのカメラレビュー「ポートレートモードは実用できるのか?」

諦めないで、iPhone7やiPhone8でも背景ボケできます!

デュアルカメラを搭載していないiPhoneでも背景ボケの写真は撮れます。

iPhoneの標準カメラで背景をぼかした写真を撮影する方法

ボケの形を自由に変更できる(課金機能)

「Focos」の課金することで、ボケの形を変更できるようになります。

たとえば下図をご覧ください。「Focos」アプリでボケをニコニコマークで表現しようとしている場面です。

実際に写真として保存した写真がこちらです。なんだか心霊写真みたいになっちゃってます。

Focosでのボケの形変更

Photo taken with Focos (6mm, f/2.4, 1/15 sec, ISO160)

他にもいろいろな形のボケが用意されています。こういった写真がLINEで突然送られてくると、ちょっと驚いてしまいそうですね。

遊べる面白いエフェクトもあります!(課金機能)

他にも遊び心いっぱいの面白いエフェクトがあります。

たとえば雨を合成した写真がこちらです。

Focosでの雨合成

Processed with Focos (6mm, f/2.4, 1/71 sec, ISO250)

最後に「魔封波」、かの有名な武泰斗さまが編み出した技ですね。

Focosでのうずまき合成

Processed with Focos (6mm, f/2.4, 1/71 sec, ISO250)

電子ジャーも牛乳瓶を入れるの忘れてました…

回し損ですね。

まとめ

この記事の話をまとめると…

  • ボケの位置を調整できるiPhoneアプリがある
  • 「Focos」を使えば撮影後でもボケの位置を自由に調整できる
  • 「背景をぼかしておけばよかった…」といった後悔から解放される
  • 無料の範囲でボケの位置を変更可能
  • 課金するとボケの形を変えたり、雨を降らしたりできる

とりあえずインストールしておいて損はしないアプリです。SNSで友だちにこのカメラで編集した写真を送ると驚かれること間違いなしです。

このアプリは1カ月120円から購入できます。1カ月使って気に入った場合は、買い切りも可能です。1200円と悩んでしまう価格帯ですが有りだと思います。

ちなみに2時間だけ無料でPRO機能のお試しもできますので、ぜひどうぞ。

Focos

Focos
開発元:Xiaodong Wang
無料
posted with アプリーチ

iPhoneカメラで写真が好きになったらぜひ一眼レフも検討してみてください。

カメラ初心者がコンデジではなく、デジタル一眼レフを買った理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください